当前位置:首页> 中国ニュース

中国、世界2位のスマートスピーカー市場に

  

今月23日、市場調査会社・Canalysが、2018年第一四半期(1-3月期)の全世界のスマートスピーカー出荷報告を発表した。報告によると、中国は米国に次ぐ世界2位のスマートスピーカー消費市場になり、同期の販売台数は180万台と、前年同期比5370%増となった。うち、阿里巴巴(アリババ)天猫精霊(Tmall Genie)の出荷台数が110万台と中国で1位、世界で3位となった。人民網が報じた。

Cannalysのアナリスト・何天華氏によると、米国市場と同じく、中国市場の急速な台頭の背景には、大手テクノロジー企業の大規模な資金投資がある。阿里巴巴の公式サイトの統計によると、今年3月の時点で、発売から8ヶ月が経った天猫精霊の発売台数は200万台を突破した。アマゾンのエコー(Echo)は200万台を突破するのに約18ヶ月かかった。

14年、アマゾンがEchoを発売して以降、世界のスマートスピーカー市場は、5000万台規模に達している。複数の市場調査会社の統計によると、現在、世界シェアの90%以上を、アマゾンとグーグルが占め、スマートスピーカーの消費者の81%が英語圏国家・地域に集中している。

ただ、17年に阿里巴巴が天猫精霊を発売して以降、中国語圏のスマートスピーカー市場が台頭し、世界のメーカーが注目する新興市場となっているため、世界のテクノロジー企業の注目の的ともなっている。 Canalysは、「当社は中国市場の状況に細心の注意を払っている。今回は、中国は出荷量の規模が安定して大きいため、中国に的を絞った市場分析を実施した」と説明している。

 

Big Medium-sized Small

Relative Articles:

    Ministry of Commerce Website Copyright and Disclaimer Statement:

        All articles marked with "Article type: Original" posted on the website of the Ministry of Commerce and its sub-sites are copyrighted by this Website and its sub-sites. Any reproduction or use by any other websites, media or individuals must be attached with a clear indication of "Source: Ministry of Commerce Website".

        All articles posted on this website or its sub-sites marked with "Article type: reproduced" or "Article type: translated" and "Article type: redistributed" come from other media, and are provided solely for the user's information, which does not mean this Website or its sub-sites endorse the ideas thereof or assume any legal liability or responsibility for their authenticity. Any other media, websites or individuals must maintain the source of information indication on this Website or its sub-sites when using the information, and shall assume legal liability for the use.

    北京时间: 2019/11/21/8PM
    当地时间: 2019/11/21/9PM